top of page

ドライブテック、物流用自律走行ロボットフェブ(FAEV)で2022ロボワールドアワード受賞

ドライブテックが物流用自律走行電気車両ロボットフェブ(FAEV)で2022ロボワールドアワード(今年の製品賞)を受賞し、特別館に招待展示された。

環境にやさしい物流ロボットの核心駆動部品および走行システムを開発するドライブテックは、有望なロボット企業の製品を実演し、IRピッチングを支援する「有望ロボットIR特別館」に招待され、展示を進めた。また、優れた技術力を認められ、2022年ロボワールド賞を受賞する成果を収めました。

ドライブテック、KES 2022で自律走行ロボット「FEV-R」公開…「屋外走行や人とコラボ輸送を実現!」

ドライブテック(代表チェ・ユンヨン)は去る10月4日(火)から7日(金)までソウルCOEXで開催された'KES 2022(第53回韓国電子展)'に参加した。

 

今回の展示会では、自律走行ロボットの新製品「フェーブ(FAEV-R)」を紹介した。ドライブテック側は「FAEV-Rは既存固定用ロボット及びAGVロボットの作業空間の制約性及び人と協業部材による製造・物流現場の非効率性を改善し、肥大面及び環境にやさしい、スマート作業現場、炭素中立、産業災害低減を実現するロボット」

中小企業技術革新大戦で技術保護有功者表彰

中小ベンチャー企業部は、革新成長を主導する中小企業・研究(協力)機関・技術人材など技術革新有功者を励まし、技術革新意志を固めるために毎年「中小企業技術革新大戦」を開催している。

技術保護部門の受賞者を見てみると、大統領表彰は△チェ・ユンヨンドライブテック代表が受賞し、国務総理表彰は△江根源内親バス代表が受賞した。

EVエキスポで出会った環境に優しいモビリティの未来

2016年に法人を設立した「ドライブテック」は、農漁村や物流工場内で使用する「EVミニトラック」の生産に集中している。主にEVパワートレインの開発に注力するという説明だ。

bottom of page